ANAマイル情報提供所

ポイントサイトを使ってANAマイルを大量に貯める方法や、ポイントサイトに関する情報を記事にします。

ANAマイル還元率2.24%、JALマイル還元率1.87%も可能!20代でも持てるエポスプラチナカードはエポスゴールドカードよりもお得なのか?陸マイラー視点からメリット・デメリットを考察

 エポスプラチナカードの招待が届きました!

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com

 

 エポスプラチナカードは、エポスゴールドカードの上位カードです。以前は招待制でしたが、現在では自己申し込みも可能です。この記事では、エポスプラチナカードのメリットとデメリットを私なりに考察し、ゴールドカードよりもプラチナカードの方がお得なのかどうかを陸マイラー視点から検討します

f:id:tanakasamadearu:20181223194249j:plain

Epos Platinum Card

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

 エポスゴールドカードの招待を受けた時の記事はこちら。

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

 

過去のクレジットカード連続申し込みの記事は以下にまとめてあります。

 2017年末から、クレジットカードを頻繁に発券しています。ポイントサイトで10,000円相当以上にポイントアップしていたカードを中心に、1ヶ月間に2枚のペースで毎月発行してきました。審査が厳しいことで有名なANA VISA ワイドゴールドカードビックカメラSuicaカードJCBカードも無事発行されました。

 

ana-miles.hatenablog.com

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com

 

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

 2018年5月には、クラブ・オン / ミレニアムカードセゾンに申し込んでみました。結果は残念ながら否決!しかし、懲りずに5/31の夜に、ANA JCB カード (一般) を申し込み、無事発行されました。

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

 

 2018年6月末には、20,000円相当にポイントアップしていたタイミングを待って、dカードGOLDに申し込みました。

 

ana-miles.hatenablog.com

 

 7月上旬には、審査が厳しいと噂のAmazon Matercard ゴールドカードに申し込み、無事発行されました。

 

ana-miles.hatenablog.com

 調子に乗った私は、7月下旬に、セゾン系のクレジットカード7枚 (JQカードセゾン、ヤマダLABI ANAカード、Loftカード、三井ショッピンパークカードセゾン、みずほマイレージクラブカード ANA、JMBローソンPontaカード、PARCOカード) に申し込み、無事発行されました。

 

ana-miles.hatenablog.com

 

[http:// ]

   

   目次

 

エポスプラチナカードの入手方法

 エポスプラチナカードは、入手方法が2つあります。1つ目は、エポスカードのホームページから直接申し込むことです。エポスカードかエポスゴールドカードを現在お持ちの方は、エポスNetから切り替え申し込みが可能です。エポスカードかエポスゴールドカードで利用実績を半年〜1年ほど積んでいて、支払いに遅延がなければ、審査に通る可能性が高いです (申込者の雇用状態などの属性情報による)。なお、学生の方はゴールドカード以上には申し込めません。この方法の場合、切り替えに審査がありますので、場合によっては切り替えが出来ない場合があります

 2つ目の方法は、エポスカードからの招待 (インビテーション) を受けるという方法です。ネット上の情報では、このインビテーションを受ける条件は2つあり、エポスゴールドカードを所持していることとエポスゴールドカードで年間100万円以上決済することです。エポスゴールドカードで年間で100万円以上カード決済した場合、集計期間終了後にボーナスポイントとして10,000ポイントが付与されます。このボーナスポイントが付与される前後に、エポスプラチナカードの招待がエポスNetとアプリに現れます。私の場合は、ボーナスポイント付与前にプラチナ色のエポッケ君がアプリ画面に現れました。

f:id:tanakasamadearu:20181223195511p:plain

エポスプラチナの招待画面 (アプリ)

 

  エポスカード側からのインビテーションがある場合、審査落ちのリスクはほぼ0です。カード利用者の利用状況を確認して、支払いに遅延がないことなどを確認した上で招待状を送っているので、余程のことがなければ審査に通ります。なお、20代でもエポスプラチナカードを入手することは可能です。私自身が現在20代で、エポスプラチナカードの招待が来て、切り替え申し込みをしたら、無事エポスプラチナカードが発行されました。

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

年会費

 エポスプラチナカードの年会費は、プラチナカードの入手方法によって異なります。自分から申し込んだ場合は、年会費30,000円です。プラチナカード到着後、1年間に100万円以上利用した場合は、翌年度以降の年会費が20,000円になります。

 一方で、エポスカードからの招待 (インビテーション) を受けて、期限内に切り替え申し込みをした場合は、年会費が無条件で20,000円になります。

 エポスゴールドカードは年会費が永年無料 (インビテーションを受けた場合) でしたが、プラチナカードは初年度から年会費が20,000以上かかります。だからこそ、エポスゴールドカードと比べて、エポスプラチナカードの方がお得なのかを慎重に検証する必要があるわけです。

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

エポスプラチナカードのメリット

 エポスプラチナカードには、エポスゴールドカードを上回るメリットが複数あります。1つずつ紹介します。なお、以下ではエポスプラチナカードの年会費は20,000円として計算します。

 

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

メリット① 年間ボーナスポイントがアップ!ゴールドとプラチナの損益分岐点は200万円

 エポスゴールドカード年間100万円利用した場合、ボーナスポイントとして10,000ポイントを貰えます。100万円に対して10,000ポイントなので、還元率は1%です。エポスゴールドカードは、100万円を超えて利用しても、ボーナスポイントは10,000しか貰えません。例え200万、1,000万利用したとしても、貰えるボーナスポイントは10,000ポイントのみです。なので、100万円を超えて利用すればするほど、還元率は下がっていきます

 エポスプラチナカード年間100万円利用した場合、ボーナスポイントは20,000ポイントにアップします!100万円に対して20,000ポイントなので、還元率は2%... と思いきや、エポスプラチナカードは年会費が20,000円かかるので、100万円に対して20,000ポイント - 年会費20,000 = 0ポイント / 円となります。年間で100万円しか使わない場合は、エポスゴールドカードの方がお得です。

 エポスプラチナカードの方がお得になるのは、年間300万円以上カード決済する場合です。エポスプラチナカードのボーナスポイントは、年間利用額が増えるにつれて増加します。

   100万円:20,000ポイント (還元率:20,000 - 20,000 / 1,000,000 = 0%)

   200万円:30,000ポイント (還元率:30,000 - 20,000 / 2,000,000 = 0.5%) 

   300万円:40,000ポイント (還元率:40,000 - 20,000 / 3,000,000 = 0.66%) 

   500万円:50,000ポイント (還元率:50,000 - 20,000 / 5,000,000 = 0.6%) 

   700万円:60,000ポイント (還元率:60,000 - 20,000 / 7,000,000 = 0.57%) 

   900万円:70,000ポイント (還元率:70,000 - 20,000 / 9,000,000 = 0.55%) 

  1,100万円:80,000ポイント (還元率:80,000 - 20,000 / 11,000,000 = 0.545%) 

  1,300万円:90,000ポイント (還元率:90,000 - 20,000 / 13,000,000 = 0.538%) 

1,500円以上:一律100,000ポイント (還元率:100,000 - 20,000 / 15,000,000 = 0.53%) 

 

 

  上記の通り、100万円利用の場合は、エポスプラチナカードの還元率0%に対して、エポスゴールドカードの還元率は1%となります。200万円利用の場合は、どちらのカードも0.5%還元となり、300万円利用の場合は、エポスプラチナカードの還元率が0.66%でエポスゴールドカードの還元率は0.33%です。以降、金額が増えるに連れて、エポスゴールドカードの還元率は下がります。何故ならエポスゴールドカードのボーナスポイントは10,000ポイントで固定だからです。100万円を超えたら、いくら使ってもボーナスポイントは変わりません。なので、利用金額が増えれば増えるほど、還元率は落ちて行きます。

 まとめると、単純な年間利用金額で言えば、200万円まではエポスプラチナカードでもエポスゴールドカードでも還元率は互角で、300万円を超えるとエポスプラチナカードの還元率が優ってきます

 

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

メリット② 誕生月は、ポイント還元率が0.5%アップ!

 エポスプラチナカードには更にポイント還元率を高める優待が付帯しています。それが、誕生月のボーナスポイントです。誕生月内のエポスプラチナカード決済額に対して、0.5%分がボーナスポイントとして付与されます。上記「メリット①」で解説した年間利用金額に対するボーナスポイントに加えて、誕生月のボーナスポイントを加味すると、年間で200万円以上利用し、誕生月にある程度カードを利用する場合は、エポスプラチナカードの方が 0.5% お得になります

 エポスプラチナカードエポスゴールドカードエポスカードには共通のポイントアップ特典があり、それはリボ払いを活用することでポイント還元率が0.5%アップするというものです。「リボ払い」と聞くと、金利が掛かり損をするイメージが強いですが、エポスカードのリボ払いは、ATMで返済することで、利息を減らすことが出来ますエポスカードの締め日が27日の場合は、28日〜翌月6日までの間に、コンビニATM (セブン銀行、ゆうちょ銀行など) で1,000円単位で入金するか、近くにマルイがある場合はエポスATMにて1円単位で入金が出来ます。これにより、リボ払いの特典であるポイント0.5%上乗せを得つつ、リボ払い手数料を最小化することが出来ます (全額返済した場合と、支払い後残高の実質年率15%が1.0円未満の場合は、利息0円)。詳しい方法は、以下の記事で紹介しています。

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

メリット③ エポスプラチナグルメクーポン

 アメックスゴールドなどに付帯している、「招待日和」と同じような内容のサービスです。日本国内の約100店舗の高級レストランを2人以上で利用すると、カード会員本人分のコース料理が無料になります。高級レストランなので、1人1万円以上する場合が多く、このサービスを多く利用すればするほど、実質的に年会費が安くなります。一方で、同伴者の食事代は割り引かれないので、1回1万円以上得をすると同時に、1万円以上の損をします (金額的な意味で)舌が肥えている方やお金持ちの方でなければ、かえって損をするサービスのようにも思えます

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

メリット④ Visaプラチナゴルフ

 日本国内及び海外の名門ゴルフコースで特別予約、優待プレーが出来ます。エポスプラチナカードのパンフレットによると、「通常はゴルフメンバー以外予約の出来ない国内の名門ゴルフ場やプロトーナメント開催コース等約70ヶ所のコースをVisaプラチナカード会員様優待価格 (各コースのプレー料金から4,000円優待) にてご予約・プレーいただけます。... 日本人に人気のハワイ、グアム、東南アジア (シンガポール・タイなど) にある約80のゴルフ場をVisaプラチカカード会員優待価格 (各コースのプレー料金から4,000円優待) にてご予約いただけます。」だそうです。私はゴルフをやらないので、全く興味がありません。ww

 

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

メリット⑤ 旅行保険の更なる充実

 エポスカードは年会費無料で海外旅行保険が自動付帯していることで有名です。エポスゴールドカードで強化された旅行保険が、エポスプラチナカードでは更に (少し) パワーアップしています。項目別に見て行きましょう。

 

  ・傷害死亡・後遺傷害:1,000万円 → 1億円

  ・傷害治療費用:300万円 → 同じ

  ・疾病治療費用:300万円 → 同じ

  ・賠償責任(免責なし):2,000万円 → 1億円

  ・救援者費用:100万円 → 200万円

  ・携行品損害:20万円 → 100万円

  ・航空機遅延費用等補償特約:無し → 2万円

  ・航空機寄託手荷物遅延等費用補償特約:無し → 10万円

  ・家族特約:無し → あり

 

 家族特約が付いたのは、大きいと思います。飛行機の遅延やロストバゲージの保証が付いたのも、陸マイラーとして旅行する上では便利です。傷害治療費用と疾病治療費用がもっと増えて欲しかったですね。ゴールドカード級の保証内容になっています。

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

メリット⑥ Visa プラチナ・コンシェルジュ・センター

 ビザ・ワールドワイドが提供しているサービスで、主に旅行の相談、レストラン検索や予約、ゴルフ場の予約などに利用出来ます。電話だけではなくオンラインでも対応しているようです。

 陸マイラーとしては、航空券はマイルを使った特典航空券で、ホテルもANAマイルを使って予約することが多いので、あまり使わないかと思います。家族の誕生日プレゼントを手配したり、予約が困難なレストランの予約を取る場合などには使えるかも知れません。

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

メリット⑦ プライオリティ・パス

 海外の空港ラウンジを利用することが出来るプライオリティ・パス (通常年会費$399) を無料で利用出来ます。世界中の500以上の都市にある1,000以上のラウンジを利用出来るようになります。

 私は今年の7 ~ 8月にSFC修行を行い、スターアライアンス・ゴールドメンバーの資格を手に入れたので、必要のないサービスです。色々なラウンジを巡りたい陸マイラーにオススメです。

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

メリット⑧ (国内) 空港ラウンジ - 同伴者1名無料

 大抵のゴールドカードには、国内空港ラウンジ特典が付いていますが、本人のみの場合が多いです。エポスプラチナカードと航空券を提示すると、本人だけではなく同伴者もラウンジを利用出来ます。

 日本国内空港のラウンジは、保安検査前にあったり、混雑していることが多く、あまり居心地が良くないと聞きます。更に、私はSFC修行を終えて、ANA プラチナメンバーになったので、ANAラウンジを利用出来ます。ANAラウンジは、保安検査後の制限エリアにある場合が多く、出発時間のギリギリまでのんびり出来ます。ANAラウンジが混雑していて入れないなどの理由がない限り、陸マイラーはこの優待は使わないでしょう。

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

メリット⑨ Visa プラチナトラベル

 国内、海外のパッケージツアーを割引料金で利用出来ます。陸マイラーとしては、特典航空券を手配するので、必要ないサービスかと思います。

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

エポスプラチナカードのポイント還元率を徹底分析

 エポスゴールドカードよりもエポスプラチナカードの還元率を上げるためには、年間200万円以上利用することと、誕生月になるべく大きな買い物をすることが必要である。そこで、いくつかのパターンを想定してポイント還元率を計算してみました。

  *前提条件として、エポスゴールドカードエポスプラチナカード共に、リボ払いに設定して、通常時還元率を1.0%と仮定する。

  **エポスゴールドカードエポスプラチナカードの共通特典として、クレジットカード加盟店を3ヶ所指定して、指定した加盟店でのカード利用に対するポイント還元率を1%上乗せするサービスがあります。「選べるポイントショップ」とはこのサービスのことを指す。

  ***エポスゴールドカード以上を持っている場合、家族をエポスゴールドカードに招待することが出来、本人と家族の年間カード利用額の合算が100万円以上の場合は1,000ポイント、200万円以上の場合は2,000ポイント、300万円以上の場合は3,000ポイントが付与される。更に、家族の中にエポスプラチナカード会員が1人以上居る場合、上記のボーナスポイント数は2倍になる。以下の計算では、エポスプラチナカード申込者が本会員としてボーナスポイントを全て獲得するものと仮定する。このサービスは「エポスファミリーゴールド」という名称である。

  ****エポスゴールドカードは招待を受けての切り替えで、年会費永年無料とし、エポスプラチナカードも同様にインビテーションによる切り替えにより、年会費は20,000円と仮定する。

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

ケース 1. 年間100万円を誕生月に選べるポイントショップで利用

 エポスゴールドカードの還元率:3%

 

  (通常ポイント10,000 + 選べるポイントショップ 10,000 + 100万円利用で10,000ボーナスポイント + エポスファミリーゴールド 1,000 ポイント)

   31,000 ポイント / 1,000,000 円 = 3.1%

 

 エポスプラチナカードの還元率:4.6%

 

  (通常ポイント10,000 + 選べるポイントショップ 10,000 + 100万円利用で20,000ボーナスポイント + エポスファミリーゴールド 2,000 ポイント + 誕生月利用ボーナス 5,000 - 年会費 20,000)

   47,000 ポイント / 1,020,000 円 = 4.6%

 

 この場合は、還元率を見ると、エポスプラチナカードの4.6%の方が大きいですが、エポスプラチナカードの場合は、獲得出来る47,000ポイントから年会費20,000円分を差し引くので、27,000ポイントとなります。エポスゴールドカードは31,000ポイント (プラチナよりも 4,000 ポイント多く) 獲得出来ているので、エポスゴールドカードの方がお得です。

 誕生月に選べるポイントアップショップで100万円使うという、かなり極端な例ですが、年間利用額が100万円の場合は、どうしてもエポスゴールドカードの方が還元率が高くなります。その理由は、エポスプラチナカードの100万円利用のボーナスポイント20,000ポイントが年会費20,000円で相殺されてしまうからです。一方で、エポスゴールドカードは年会費が永年無料なので、ボーナスポイント10,000ポイントがそのままプラスになります

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

ケース 2. 年間200万円を選べるポイントショップで利用 (内30万円を誕生月に利用)

 エポスゴールドカードの還元率:2.6%

 

  (通常ポイント20,000 + 選べるポイントショップ 20,000 + 100万円以上利用で10,000ボーナスポイント + エポスファミリーゴールド 2,000 ポイント)

   52,000 ポイント / 2,000,000 円 = 2.6%

 

 エポスプラチナカードの還元率:3.74%

 

  (通常ポイント20,000 + 選べるポイントショップ 20,000 + 200万円利用で30,000ボーナスポイント + エポスファミリーゴールド 4,000 ポイント + 誕生月利用ボーナス 1,500 - 年会費 20,000)

   75,500 ポイント / 2,020,000 円 = 3.74%

 

 この場合は、エポスプラチナカードの還元率3.74%の方が大きいです。エポスプラチナカードの年会費20,000円分を75,500ポイントから差し引いても、55,500ポイント残り、エポスゴールドカードの獲得ポイントよりも3,500ポイント多いです。

 こちらのケースは現実的だと思います。年間で200万円使うような方ですから、誕生月に30万円利用してもおかしくはないと思います。

 

[http:// ]

   

ケース 3. 年間300万円を選べるポイントショップで利用 (内30万円を誕生月に利用)

 エポスゴールドカードの還元率:2.43%

 

  (通常ポイント30,000 + 選べるポイントショップ 30,000 + 100万円以上利用で10,000ボーナスポイント + エポスファミリーゴールド 3,000 ポイント)

   73,000 ポイント / 3,000,000 円 = 2.43%

 

 エポスプラチナカードの還元率:3.559%

 

  (通常ポイント30,000 + 選べるポイントショップ 30,000 + 300万円利用で40,000ボーナスポイント + エポスファミリーゴールド 6,000 ポイント + 誕生月利用ボーナス 1,500 - 年会費 20,000)

   107,500 ポイント / 3,020,000 円 = 3.559%

 

 年間利用額が200万を超える場合は、常にエポスプラチナカードの還元率の方が大きいです。エポスプラチナカードのボーナスポイントは年間利用額に応じて増えて行くのに対し、エポスゴールドカードのボーナスポイントは100万円以上は一律で10,000ポイントのみです。

 

[http:// ]

   

ケース 4. 年間400万円を選べるポイントショップで利用 (内60万円を誕生月に利用)

ここから先は、ただの試算なので、計算式は省略します。

 

 エポスゴールドカードの還元率:2.33%

 

 エポスプラチナカードの還元率:3.21%

  

 

[http:// ]

   

ケース 5. 年間500万円を選べるポイントショップで利用 (内60万円を誕生月に利用)

 

 エポスゴールドカードの還元率:2.26%

 エポスプラチナカードの還元率:3.17%

  

 

[http:// ]

   

ケース 6. 年間700万円を選べるポイントショップで利用 (内60万円を誕生月に利用)

 エポスゴールドカードの還元率:2.19%

 エポスプラチナカードの還元率:2.98%  

 

 

[http:// ]

   

ケース 7. 年間900万円を選べるポイントショップで利用 (内120万円を誕生月に利用)

 エポスゴールドカードの還元率:2.14%

 エポスプラチナカードの還元率:2.90%  

 

 

[http:// ]

   

ケース 8. 年間1,100万円を選べるポイントショップで利用 (内180万円を誕生月に利用)

 エポスゴールドカードの還元率:2.21%

 エポスプラチナカードの還元率:2.86%  

 

[http:// ]

   

ケース 9. 年間1,300万円を選べるポイントショップで利用 (内210万円を誕生月に利用)

 エポスゴールドカードの還元率:2.10%

 エポスプラチナカードの還元率:2.81%  

 

[http:// ]

   

ケース 10. 年間1,500万円を選べるポイントショップで利用 (内240万円を誕生月に利用)

 エポスゴールドカードの還元率:2.09%

 エポスプラチナカードの還元率:2.78%  

 

[http:// ]

   

 

エポスポイントの使い道:ANAJALマイルへ交換出来る

 年間の利用金額や誕生月の利用金額によってエポスプラチナカードの還元率が変動することは理解して頂けたかと思います。次に考えないといけないのが、貯まったエポスポイントの使い方です。エポスポイントは、1ポイント1円で商品券などに交換することが出来ます。ここでは、ANAマイルに交換する場合を考えてみます。10 エポスポイントは 6 ANAマイルに交換可能です。したがって、エポスプラチナカードANAマイル還元率は、エポスポイント還元率 x 0.6 となります。

 それでは上記で紹介した最高還元率に0.6をかけて、ANAマイルに交換した場合の還元率を計算してみましょう。

 エポスプラチナカード選べるポイントショップで年間200万円使った場合で、その内30万円を誕生月に使った場合のANAマイル還元率:3.74% x 0.6 = 2.24%

 上記の条件でエポスプラチナカードを使った場合、ANA マイル還元率が2.24%になります! ANA VISA ワイドゴールドカードの最高還元率1.68%を超えました!!クレジットカード決済でANAマイルをコツコツ貯めている方にもエポスプラチナカードオススメです

 

 なお、エポスポイントはJALマイルにも0.5%の交換率で交換出来ます。先程の条件での還元率に当てはめると...

 エポスプラチナカード選べるポイントショップで年間200万円使った場合で、その内30万円を誕生月に使った場合のJALマイル還元率:3.74 x 0.5 = 1.87%

 SPGアメックスを超えましたね。JALマイル還元率が1.87%です!! エポスプラチナカードJALマイラーにもオススメです

 

 

[http:// ]

   

 

 

[http:// ]

   

 

エポスプラチナカードの年間利用額を増やす方法

 エポスプラチナカードは、年間利用額が200万円を超えない限り、エポスゴールドカードの還元率には勝てません。その場合には素直にエポスゴールドカードを利用し続ければ良いと思いますが、もし「どうしてもエポスプラチナカードを持ちたいけど年間200万円使うのが難しい」というわがままな方 (私の様な ww) が居たら、以下の方法をお勧めします。

  1. プリペイドカードを併用するAmazon ギフト券チャージや、ANA VISA プリペイドにクレジットチャージ (最大30万円) して、買い物時にはチャージ済みのANA VISA プリペイドで決済をする。(ANA VISA プリペイドカード利用の場合、ANAマイル還元率が0.5%上がる代わりに、クレジットチャージ手数料200円が発生します。)

  又は、Kash アプリにエポスプラチナカードを設定しておき、家族などに送金し (残高不足分は自動的にクレジットチャージ)、後で送り返してもらう。(あまりお勧めはしません。この方法を実行することによって生じるあらゆる不利益に対して、私は一切責任を負いません。)

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com 

  2. tsumiki 証券で積み立て投資をする。エポスカードと提携しているtsumiki 証券では、投資信託の購入にエポスカードを設定することが出来ます。ポイント還元率は特殊で、積み立て1年目は0.1%、毎年0.1%ずつ上昇していき、5年目以降は0.5%のエポスポイントが貰えます。投資信託購入金額は、年間カード利用額に含まれるらしいです (私自身は未確認)。(投資に関する意思決定は、自己責任でお願いします。)

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

エポスプラチナカードのデメリット

 エポスプラチナカードのデメリットは、まずは年会費です。プラチナカードの中では比較的安い部類ですが、年会費が低ければ、ポイント・マイル還元率は更に上昇します。

 2つ目は、年間利用金額によって還元率が変動するところです。年間で最低でも200万円以上利用しなければ、エポスゴールドカードの方が還元率が良くなってしまい、年会費分損をしてしまいます。エポスゴールドカードコスパが良過ぎるからこそ、エポスプラチナカードは使う人を選びます。

 3つ目のデメリットは、旅行保険が少し手薄なところです。特に傷害疾病保証がゴールドカードと同じく300万円しかなく、一般的なゴールドカードと同じ水準です。海外旅行に行く際には、エポスプラチナカードの他にも海外旅行保険が付いたクレジットカードを複数枚所持しておかないと、少し不安です。

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

エポスカードへの新規入会で7,000円 + 8,000円 + 1,000エポスポイントプレゼント

 未だエポスカードを持っていない方は、ポイントサイト経由で作るのがお得です。以下で案件を紹介しています。これらの案件と併用して、カード入会時に以下の紹介番号を入力すると、1,000エポスポイントを貰えます。ぜひご利用下さい。ポイントサイトのポイントとこちらの特別ポイントは両方貰えます!

  ご紹介番号:18122469543

 

 2018/12/14現在、ちょびリッチの以下の広告を利用すると、7,000円相当のポイントを獲得出来ます。

エポスカードで貯める / ポイントサイトちょびリッチ

 ちょびリッチに会員登録していない方は、以下のバナーから新規登録すると、紹介ポイントとして500ポイント貰えます。 (登録月の月末までに1ポイント以上獲得する必要あり。)

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

 上記案件の条件は:キャッシング枠付きでの新規カード発行です。もし、専業主婦の方や、キャッシング枠を希望されない方は、ポイント数が4,725円相当まで下がってしまいますが、以下の案件をご利用下さい。

 

www.gendama.jp 

 

 げん玉に会員登録していない方は、以下のバナーから新規登録すると、紹介ポイントとして250ポイント貰えます。

 

 こちらの案件は、新規カード発行 + いつでもリボに加入 + カード発行後翌月末までに1,000円 (税込) 以上のカード利用です。いつでもリボは、ポイント付与後に解除することが出来ます。また、ATMで繰上げ返済することで、リボ手数料を減らすことが出来ます。詳しくは以下の記事をご参照下さい。

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

まとめ

 この記事では、エポスプラチナカードのメリット・デメリットを紹介しました。メリットは、年間ボーナスポイントがアップすること、誕生月に0.5%分のボーナスポイントが貰えること、エポスプラチナグルメクーポン、Visa プラチナゴルフ、旅行保険の更なる充実、コンシェルジュ、プライオリティ・パス、国内空港ラウンジに同伴者1名無料で入れる点、Visa プラチナトラベルです。特にポイント還元率の上昇は大きな要素であり、エポスプラチナカード選べるポイントショップで年間200万円使った場合で、その内30万円を誕生月に使った場合、エポスポイント還元率が3.74% = ANAマイル還元率 2.24% = JALマイル還元率1.87%になります!エポスプラチナカードANAマイラーにもJALマイラーにもお勧めのプラチナカードです

 メリットが盛り沢山のエポスプラチナカードにもデメリットはあります。1つ目は、高い年会費です。年会費永年無料のエポスゴールドカードと比べると、年会費20,000円 (自己申し込みの場合は30,000) は高く感じます。もう少し年会費が安ければ、ポイント・マイル還元率が更に上がります。2つ目の問題点は、旅行保険の弱さです。飛行機遅延保証やロストバゲージの保証が追加された一方で、傷害疾病保証の金額はエポスゴールドカードと同じ300万円と貧弱であり、一般的なゴールドカードと同じ水準です。海外旅行の際には、エポスプラチナカードの他にも海外旅行保険が自動付帯しているゴールドカードなどを持っていないと、心配です。

 私自身は、以上のメリット・デメリットを熟考した結果、エポスプラチナカードに切り替えることにしました!!実際のカード到着後の美しい券面紹介記事はこちら。

ana-miles.hatenablog.com 

 きっかけは、 エポスプラチナカードの招待が届いたことでした。

ana-miles.hatenablog.com 

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com  

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

 

別サイトにてクレジットカードに関する更なる情報発信を行っています

 私はクレジットカードが大好きです!もっと多くの人にクレジットカードについて知って欲しいし、正しい知識をつけて欲しいと思っています。そこで、ポイントサイトやANAマイルに関する情報を抜いて、純粋にクレジットカード初心者向けのサイトを立ち上げました。

 クレジットカードの仕組みなどの基礎知識から、入会キャンペーン攻略方法、プリペイドカード利用時の注意点などの少しマニアックな情報や、クレジットカードのレビュー記事を掲載して行こうと計画していますので、新しいサイトでも宜しくお願いします。

 なお、無料のメルマガやLINE@の立ち上げ、情報発信、登録者限定のクレジットカードコンサルティングなども計画していますので、お楽しみに!

 

credit-card-mania.com 

 

TwitterFacebook でも情報発信しています。是非フォロー下さい。

 

twitter.com 

 

www.facebook.com 

 

 

[http:// ]

   

 

 クレカ発行や100%還元案件で貯めたポイントをANAマイルに変えて、SFC修行した記事はこちら。

 

ana-miles.hatenablog.com 

[http:// ]

   

 

アメックスの紹介希望はこちらから

 ANAアメックスゴールドカードでは、条件達成で最大70,000 ANAマイルが貰える入会キャンペーンを実施しています。このキャンペーンは、アメックスカード保有者からの紹介限定のボーナスです。紹介リンクからカードを申し込んだ場合、紹介限定の入会キャンペーンボーナスの対象になるだけではなく、審査が優遇されます

 知り合いにアメックスホルダーが居ない方は、以下のFacebookページ上にあるリンクより申し込むことで、紹介経由の入会特典を受けることが出来ます。又は、下記の問い合わせリンクよりお問い合わせ下さい。折り返し、私から紹介リンクをメールにてお送りします。

 

www.facebook.com 

  

 

 

ANAマイル情報提供所 お問い合わせ

 

 

[http:// ]

   

[http:// ]

   

注目記事 

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com 

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

ana-miles.hatenablog.com

 

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]

   

 

 

[http:// ]

   

 

[http:// ]